2005年09月

今日も稲刈り

今日も良い天気太陽で稲刈りが順調に進む

inekari1.jpg

籾殻づめ+稲刈り

太陽
午前中稲が乾くまでの間は稲刈りが出来ないので
籾殻を袋につめる フォークリフトを使い外に並べる。

momigara5.jpg


11時頃から稲刈り
格納庫では精米しお米を発送する

暗きょ用籾殻の袋詰め

昨日の雨のため午前中はまだ稲刈りが出来ないので暗きょに使う籾殻をフレコンという大きな袋に詰める。

momigara3.jpg
フレコン(1トン袋)を広げる

momigara2.jpg

籾殻をミニローダーですくい

momigara4.jpg

フレコンに入れる


午後からは稲が乾いたので稲刈りをする

籾すり

雨のため稲刈りは出来ないので
今日は一日籾すりをする

稲刈りをした稲はコンバインので瞬時に脱穀され、稲の茎も穂も葉っぱも全部取り、籾(もみ)になります。籾は、それから乾燥機に入れ低温でじっくりと乾燥させます。(乾燥中も気になるので、夜中に何度もトラブルがないかをチェックしに行きます。)乾燥の仕方で味も変わってくるので気をつかいます。
乾燥の終わった籾はこのままでは精米できません。 固い籾殻を取って玄米にします(籾すり)。固い籾殻を取って玄米にします(籾すり)。
籾殻は 後日暗渠(あんきょ)に使うので
ダンプに積んで田んぼの小屋に運び積んでおきます。


ダンプで籾殻(もみがら)を田んぼの小屋に運ぶ
momigara..jpg

おじいちゃんのトラクター

tagayasu.jpg


82才になったばかりのおじいちゃん元気です。
20年以上も愛用のマイトラクターで稲刈り後の田んぼを耕します。
プロフィール

drecom_kochi_net

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ